仕事

2013年11月19日

仕事ってチャンスの中で感動をつくりたい

最近プロの仕事人によく会います。

有名な人というわけではなくって、「そんな気遣い普通できない」って思わずハっとさせられるようなことをしてもらえたり、「ここまで普通こだわれるか」って仕事ぶりを見せられたんです

決してその気遣いやプラスアルファをしても給与的にはたぶん変わりがない環境。

「なのになんでそれができるんだろう?」ってすごく気になりました。

「将来自分の店を持つんだ!」って強い目標があるのかもしれません。
「これをほめてくれるお客さんが「ありがとう」って言ってくれるから」ってモチベーションなのかもしれません。

少なくとも僕はそんな仕事ぶりを見せられて元気をもらいました。
「僕も頑張ろう!」って思わせてもらいました。
出会えて感謝です

僕もそんな感動を与えられる仕事をしていきたいです
仕事ってチャンスの中で表現していきたいです

masahiro_uchino at 00:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年05月08日

シェアハウスで変化した僕の仕事観

仕事は自分の時間と会社のお金の交換でしかない。
と思ってた頃は正直仕事も人生も楽しめてなかった。

この体験で得られる発見。
新しく身につくスキル。
メンバーと成し遂げる感動。
それによって生まれる友情。
クライアントからの心からの「ありがとう」。
次のもっと面白い仕事につながるチャンス。

これらの方がよっぽど自分の人生の「今」を色鮮やかにしてくれる大事なものだと思うようになってから、取り組む姿勢がまったく変わった。

とにかく「今」が楽しくなった。

自然とすごく喜んでもらえる仕事ができるようになったり、同じクライアントからもっと大きな仕事を任せてもらえたり、大事なクライアントを紹介してもらえるようになってきた。

よく「結果は後からついてくる」って本で読んでたけど、あの頃はそれがどういうことなのか理解できてなかった。

そんなきっかけもやはり身の回りの人が背中で見せてくれたのがきっかけだった。

人は人との出会いで人生が変わる。

どんな人と出会えるか環境や自分の姿勢によって変わる。

あの頃の自分には自分をどう変えるべきか見えなかった。
でも変わりたいと思った。
なので意識して環境を変えてみた。
シェアハウスって環境に可能性を感じて飛び込んだのもその1つ。

成功もあったし失敗もあったかもしれない。
でもどちらも貴重な経験になった。

環境も仕事も、その時得たいものを意識して、自分で組み立てる楽しさを体感してほしい。
望みさえすればそれができる環境を社会に広めたい。

そのためにいろいろな想いを叶えるシェアハウスをつくりたい。
新しいワークスタイルが実現できることを自分たちで実行していきたい。
と思ってたりします^^

masahiro_uchino at 15:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年01月15日

ロジックと感情

最近交渉ごとで強く意識しているのは
「ロジックで勝つことがゴールじゃない。
 感情で納得してもらって、気持ちよく合意するのがゴール」
ということ。

ロジックは気持ちよく合意してもらうために、
相手に正しく理解してもらうために必要なものであって、
言い負かすことがゴールではない。

ロジック止まりになってしまえば、
短期的には欲しいものを手に入れられたとしても、
納得していない相手とのその後の協業がうまくいく
わけないので、長期的には望み通りの結果にはならない。

納得しないままその後の仕事に入れば
極端な話相手の目には「敵」に映ったまま。
仕事は敵としていたって面白いはずがない。
だから結果も出ない。

協業パートナーであってもお客様であっても
同じゴールを目指す「仲間」になるからこそ
過程の仕事自体が面白いし、
楽しいからいろんな発想がわいてくるし、
だからこそ結果がついてきて最終的にハッピーになれる。

このことは交渉の場面だけじゃなく、
同僚との仕事でも、プライベートでも
いろんな場面で当てはまることかもしれない。

みんながいろんな場面で仲間を作って
一緒に楽しく打ち込める社会にできたら
世の中はガラリと変わっちゃうかもしれませんね^^



masahiro_uchino at 07:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年03月21日

Gmailの活用でメール管理を効率化

皆さまはどのようにメールを管理されてますでしょうか?

僕は2年くらい前に全面Gmailに切り替えてから
感動的に作業が効率化しました。

Gmailっていろいろな機能があって
おそらく使い方は人それぞれでだいぶ違う気がしてます。

参考までに、僕はどんな使い方をしてるかを以下に並べてみます。

★会社メールアカウントを「設定>アカウント」に加えて、
 会社メルアドへのメールをGmail上で管理してプライベートも含めて
 自分への通知は1画面で全て把握できるようにしています。

★フォルダ分けにあたるラベル付けを活用して、「プライベート」、
 「自動通知」、「FYI」、「保存」など、後から一覧で見たくなる
 くくりでまとめるようにしています。

★「設定>フィルタ」にて条件を設定して
 「GoogleAlertから来たメールは受信箱に表示せずに
  alertラベルを付ける」
 「xxxって文字が含まれるメールは自動通知ラベルを付けて
  既読にする」
 など、すぐ読むべきメールか、後でいいけど来たことは知りたい
 メールなのか、などがパっと見でわかるようにしています。

★受信箱のメールは読んだらすぐにアーカイブボタンで受信箱から
 消します。(アーカイブは受信箱からなくなるだけで、
 「すべてのメール」とか検索すればすぐ出てきます)
 すると、日常見ている受信箱には要アクションのメールだけが
 残ることになります。これはかなり頭が整理されるので一番の
 オススメポイントです。
 人間は目に入るもので自然と思考が巡るようです。

★アクションは不要だけどウォッチする必要のあるメールは
 星を付けてからアーカイブします。
 朝イチで「スター付き」をクリックして、「忘れちゃダメよ一覧」
 はチェックするようにしてます。

★「設定>テーマ」で好きなデザインにしてテンションを上げてます。
 日常の大半目にしている画面がカッコイイかはかなり重要です。
 そこに気に入ったものがなくても、たくさんのスキンが出回ってて
 カンタンに適用できるようになってます。

その他のGmailの特色である便利機能としては、
・迷惑メールフィルタが優れていて不要なメールを自動排除して
 くれます。この精度は素晴らしいです。

・スレッド形式になっていて、同じ件名のメール毎に一覧表示され
 ています。クリックすると、その件名でやり取りした複数のメール
 が並んでいて、カンタンに経緯を辿れます。
 これもすごくオススメなポイントですね。

・Webメールであるため、PCとブラウザさえあれば、自分のPCで
 なくてもどこでもチェックできます。
 携帯からもアクセスできるので、電車の中の空いた時間にメール
 チェックは済ませて、会社についたら重要な仕事にすぐ取り掛か
 れます。

・つい最近「送信アンドゥ機能」が追加されたようです。
 誤送信しても5秒以内ならキャンセルできるみたいですね。
 気をつけてても時々やっちゃうんですよね。。><

本当にメールって、今や仕事の中心という方もたくさんいらっしゃる
と思います。
個人個人の仕事スタイルに沿ってカスタマイズすれば、
きっともっともっと効率化が図れる部分だとも思います。

皆さんの便利な使い方がありましたら、ぜひお教えくださいね^^


プロ仕様マウス XL-740K-JP

プロ仕様マウス XL-74…

¥6,300(税込)

高性能マウスが大流行中!「PCの作業効率がグングン上がった」「肩のコリが無くなった…」など成功話があちこちから…

プロ仕様マウス XL-740K-JPプロ仕様マウス XL-740K-JPをカートに入れる


ポケット図解 Gメールの使い方がわかる本 (Shuwasystem PC Guide Book)ポケット図解 Gメールの使い方がわかる本 (Shuwasystem PC Guide Book)
著者:「Gmailの使い方」管理人 三浦 健
販売元:秀和システム
発売日:2006-12
おすすめ度:4.0
クチコミを見る

今すぐ使える Googleサービス完全活用ガイド今すぐ使える Googleサービス完全活用ガイド
著者:清水 隆夫
販売元:技術評論社
発売日:2007-01-13
おすすめ度:5.0
クチコミを見る

Gmail Book―Web mail 2.0Gmail Book―Web mail 2.0
著者:魚輪 タロウ
販売元:毎日コミュニケーションズ
発売日:2007-03
おすすめ度:5.0
クチコミを見る


masahiro_uchino at 11:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
プロフィール
Twitter
Facebook
ギャラリー
  • 今話題の「ビザと仕事をもらいつつ海外就労体験のできる」WorkASIAをのぞいてきました
  • 今話題の「ビザと仕事をもらいつつ海外就労体験のできる」WorkASIAをのぞいてきました
  • 今話題の「ビザと仕事をもらいつつ海外就労体験のできる」WorkASIAをのぞいてきました
  • 今話題の「ビザと仕事をもらいつつ海外就労体験のできる」WorkASIAをのぞいてきました
  • 今話題の「ビザと仕事をもらいつつ海外就労体験のできる」WorkASIAをのぞいてきました
  • 今話題の「ビザと仕事をもらいつつ海外就労体験のできる」WorkASIAをのぞいてきました
  • 今話題の「ビザと仕事をもらいつつ海外就労体験のできる」WorkASIAをのぞいてきました
  • 今話題の「ビザと仕事をもらいつつ海外就労体験のできる」WorkASIAをのぞいてきました
  • 今話題の「ビザと仕事をもらいつつ海外就労体験のできる」WorkASIAをのぞいてきました
  • 今話題の「ビザと仕事をもらいつつ海外就労体験のできる」WorkASIAをのぞいてきました
  • 今話題の「ビザと仕事をもらいつつ海外就労体験のできる」WorkASIAをのぞいてきました
  • 今話題の「ビザと仕事をもらいつつ海外就労体験のできる」WorkASIAをのぞいてきました
  • 外国人比率50%の国際交流シェアハウス
  • 外国人比率50%の国際交流シェアハウス
  • 外国人比率50%の国際交流シェアハウス
  • 外国人比率50%の国際交流シェアハウス
  • 外国人比率50%の国際交流シェアハウス
  • 外国人比率50%の国際交流シェアハウス
  • 外国人比率50%の国際交流シェアハウス
  • 外国人比率50%の国際交流シェアハウス
  • 【New Intercultural Guest house Open Information】 6 minutes to Shinjuku, Shibuya 50000yen (Meidaimae)
  • 【New Intercultural Guest house Open Information】 6 minutes to Shinjuku, Shibuya 50000yen (Meidaimae)
  • 【New Intercultural Guest house Open Information】 6 minutes to Shinjuku, Shibuya 50000yen (Meidaimae)
  • 【New Intercultural Guest house Open Information】 6 minutes to Shinjuku, Shibuya 50000yen (Meidaimae)