アクセス解析

2009年06月23日

ライブドアブログの新しいアクセス解析機能を使ってみました

昨日ライブドアブログが新しいアクセス解析機能を
リリースしました。

既存のアクセス解析機能では、正直取れる情報が少なかったので
これまでは自分でGoogle Analyticsを入れて分析してました。

アクセス解析で
「どんな人がどんなことを求めてどこから何人見に来てるか」
がわかると、単純にすごく楽しくなるんです。

「みんなこんな話題には興味あるのかー」
「この記事すごい読まれてるな。どれどれ。
 おお。検索結果で1ページ目に来てるじゃん!」
とかとか。

では早速どんな感じなのかをレポートしていきます。

まずはPV数ですね。
全体PV(読まれたページ数)、PCのUU(読んだ人数)、
携帯からのUUがパっと見でわかるのはうれしいですね。
PV


日付をクリックすると、時間毎の推移も見れます。
time


続いて参照元。
どのサイトから来てるのかがわかります。
以前は1日単位でサイト別の人数がわかったのですが、
全部まとめて月毎のランキングになってます。
これは前の方が便利だったなあ。。
ref


続いて検索キーワード。
どんなキーワードで検索されてアクセスされたかですね。
結構意外なキーワードで来てることがわかって面白いです^^
ただ、以前は複数キーワードもわかるようになってたのに
分離されてるような感じです。残念。。
search


最後にブラウザです。
PCからのユーザーと携帯からのユーザーの割合がわかるのは
すごく面白いですね。
browser


ということで、全体としての印象は
「大多数のユーザーがどんな機能を求めてるか」を考えて
機能の種類を一新した。
必要ないと判断した細かい機能はあえて削除して
シンプル化(使いやすさ)を狙っているのではないか、
といった感じですね。

個人的に、
携帯ユーザーの動きが盛り込まれてるのはすごく良かったです。
グラフ化されて絵的に見やすくなったのもすごくうれしいです。

ただし、今までできてた細かい分析機能がなくなってるのは
やっぱり残念。

僕のこれからの活用スタイルとしては、
Google Analyticsはこれまで通り必要で、
そちらで取れない情報だけライブドア側のアクセス解析画面で
見ようかな、といったところですね。


masahiro_uchino at 06:34|Permalink

2009年04月29日

GoogleAnalyticsを使ってライブドアブログのアクセス解析検証をしました

今までライブドアブログに標準装備されているアクセス解析で
・PV数
・どのキーワードで検索されてやってきたのか
・どのサイトからやってきたのか
・生ログ
など、大体知りたい種類を網羅していたのですが
こちらのアメブロでの検証結果報告を読んで
「業者提供のアクセス解析は見せたい数字になるように
操作された設計になってるっぽいな。うのみはイカンな」
と感じた次第です。
* アメーバのアクセス解析:73
* Google Analytics:16
ていうのはあまりにひどい差ですよねw

そこで、GoogleAnalyticsをとライブドアのアクセス解析を
併用してみて、どんな差が出てくるのかを検証してみます。

【調査結果速報】
ライブドアアクセス解析の「訪問者数」: 316
Google Analyticsの「セッション数」 : 293
ということでアメブロ程のスーパー誤差ではないようですね。

趣味のブログだしと思ってGoogleAnalyticsは
入れてませんでしたが、
・どの記事がたくさんアクセスされてるのか
・どの記事がどれくらいの時間読んでくれてるのか
・ページ毎にどのキーワードで来てるのか
・ページ毎にどこから来て、その後どこに行ってるのか
・ページ内のどのリンクがどれくらいクリックされてるのか
などが詳細にわかると、読んでくれてる方の動きが
浮かんでくるようで、めっちゃ面白いですね^^



masahiro_uchino at 23:28|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2009年01月16日

携帯サイトでアクセス解析

サイトを運営するなら、
「どれだけの人が見に来ているか」
「どんなキーワードで検索して来ているか」
「どのページをどれだけ読んでどこで他サイトに移ってしまったか」
などを分析して、
「よく探されているキーワードでアドワーズの広告を出そう」
「会員登録画面へのリンクがわかりにくいので場所を変えよう」
とかサイトを改善していきたいところです。

無料の高性能なアクセス解析ツールの代表格として
GoogleAnalyticsがあります。
PCサイトならこれを使ってます。

ただし、GoogleAnalyticsはこれまでPCサイトにしか使うことができませんでした。
携帯サイトでは使えないJavascriptで作られているからです。

そんなGoogleAnalyticsを携帯サイトから使えるようになるライブラリを発見しました!

Googleのアクセス解析を携帯サイトで


ダウンロードはここから

これはほんと助かります^^


ついでに他にもないかなと調べてみたら
うごくひと
というサービスもありました。
こちらも無料らしいです!

使い勝手も調べてみるとこんな声が見つかりました。
毎日のデータを蓄積してくれないので、自分でエクセルとかに
記録していかないといけないみたいですね。
こーゆー「使ってみてどうだった」って声はめちゃくちゃ助かりますね^^

さらに調べてみると、PCも含めた無料アクセス解析ツール一覧もありました。
無料アクセス解析ツール一覧


近々携帯サイトを開発する予定なので、早速試してみます^^

masahiro_uchino at 08:16|PermalinkComments(2)TrackBack(0)
プロフィール
Twitter
Facebook
ギャラリー
  • 今話題の「ビザと仕事をもらいつつ海外就労体験のできる」WorkASIAをのぞいてきました
  • 今話題の「ビザと仕事をもらいつつ海外就労体験のできる」WorkASIAをのぞいてきました
  • 今話題の「ビザと仕事をもらいつつ海外就労体験のできる」WorkASIAをのぞいてきました
  • 今話題の「ビザと仕事をもらいつつ海外就労体験のできる」WorkASIAをのぞいてきました
  • 今話題の「ビザと仕事をもらいつつ海外就労体験のできる」WorkASIAをのぞいてきました
  • 今話題の「ビザと仕事をもらいつつ海外就労体験のできる」WorkASIAをのぞいてきました
  • 今話題の「ビザと仕事をもらいつつ海外就労体験のできる」WorkASIAをのぞいてきました
  • 今話題の「ビザと仕事をもらいつつ海外就労体験のできる」WorkASIAをのぞいてきました
  • 今話題の「ビザと仕事をもらいつつ海外就労体験のできる」WorkASIAをのぞいてきました
  • 今話題の「ビザと仕事をもらいつつ海外就労体験のできる」WorkASIAをのぞいてきました
  • 今話題の「ビザと仕事をもらいつつ海外就労体験のできる」WorkASIAをのぞいてきました
  • 今話題の「ビザと仕事をもらいつつ海外就労体験のできる」WorkASIAをのぞいてきました
  • 外国人比率50%の国際交流シェアハウス
  • 外国人比率50%の国際交流シェアハウス
  • 外国人比率50%の国際交流シェアハウス
  • 外国人比率50%の国際交流シェアハウス
  • 外国人比率50%の国際交流シェアハウス
  • 外国人比率50%の国際交流シェアハウス
  • 外国人比率50%の国際交流シェアハウス
  • 外国人比率50%の国際交流シェアハウス
  • 【New Intercultural Guest house Open Information】 6 minutes to Shinjuku, Shibuya 50000yen (Meidaimae)
  • 【New Intercultural Guest house Open Information】 6 minutes to Shinjuku, Shibuya 50000yen (Meidaimae)
  • 【New Intercultural Guest house Open Information】 6 minutes to Shinjuku, Shibuya 50000yen (Meidaimae)
  • 【New Intercultural Guest house Open Information】 6 minutes to Shinjuku, Shibuya 50000yen (Meidaimae)