2012年01月03日

次世代型シェアハウス『コンフォートたまプラーザ』に引っ越して100日が経ちました

去年の9月からコンフォートたまプラーザに引っ越して早100日が経ちました。

今までにない大規模なシェアハウス環境で、たくさんのことを学ばせてもらったり、たくさんの感動をもらったりしていて、たった3ヶ月ちょっとなのに、もう何年も住んでるかのような錯覚に陥ってます。

「シェアハウス」ってワードはこの数年でかなり普及しましたが、まだ「中ってどんなことが起きてるの?イメージわかないー」って声をよくもらう状況ですので、少しでも中の様子を伝えられればと、僕の生活をつづってみようと思います。

【規模】
シェアハウスというと一戸建てをイメージされる方も多いと思いますが、コンフォートたまプラーザはなんと140人規模。
元々大企業の社員寮だった4階建ての建物をリノベーションでキレイにしてシェアハウスとして去年の3月にオープンしたそうです。

年齢は20代から50代まで、性別は男女半々くらい、外国人比率は30%くらい。
ほとんどが社会人でフリーランスとかベンチャー経営者も多く、職業がバラバラなので仕事の話をしてるだけで、自分の知らない世界をのぞかせてもらえます。
シェアハウスに『どれだけ多様な刺激に触れられるか』を求めてる僕にとっては、この多様さは本当にうれしいポイントです。
自分と異質なものと出会うほど、「こんな選択肢もあるんだー」と材料が増えたり、「今の自分の恵まれてるところ」に気づけたりするんですよね。

【オシャレさと共用スペースの豊富さ】
lounge
kitchen_2
kitchen_4
studio
theater
designers
230

コチラの公式サイトにある通り、ホテルかと思うようなデザインと、シアタールーム、スタジオ、スタディルーム、広いキッチン・ラウンジなどの共用スペースがかなりゼイタクです。

『場』があるから発想が生まれるってすごくあると思うんです。
広いキッチンがなければ料理教室をしようとか思わないかも。
広いラウンジがなければパーティーをしようとも思えないかも。
これらの共用スペースがたくさんの思い出や交流を生むキッカケとなってくれてます。感謝感謝です。

ちなみによく聞かれる「プライバシー」はありまくりです。
『基本は1人暮らし、その気になったらすぐそこで交流も楽しめる』が近い感覚です。
エントランスから部屋にまっすぐ帰れば人と会わないことの方が多いし、部屋の中は完全に個室そのものです。

【サービス】
マネージャーさんが常駐して、シェアハウスの文化を良い方向に導いてくれています。
シェアハウス内がすごく清潔でキレイに保たれているのは、マネージャーさんがお手本を見せながら、住人みんなで「キレイに保とう」って意識を持つように促してくれてるおかげです。

新しく入居した時って「知らない人ばっかりだけど、どうやって輪に入ろう。。」ってものすごーく不安なものです。
そんな時もマネージャーさんが他の住人さんに紹介して回ってくれたり、溶け込むためのサポートをしてくれます。
他にも自己紹介カードがファイルにまとめられていて、どんな人が住んでるかがわかりやすくなっていたり、住人専用のFacebookグループがあるのでそこで自己紹介すればすぐに仲良くなれちゃいます。

ここがちゃんとしてるかどうかって、シェアハウス生活を楽しめるかどうかがものすごく変わる本当に重要なポイントなんですよね。

このFacebookグループはほんとすごくって僕はこれのおかげでここでの生活が300%くらい楽しくなってます。
「今度料理教室やるから興味ある人は参加してね」
「今夜スタジオでトレイシーメソッドやるよ」
「ランチ1人だと寂しいので誰か一緒に行きません?」
「こないだのパーティーの写真アップしたよ」
「シアタールームで映画上映会やるよ」
「作りすぎちゃったケーキぜひ食べてね」
「今度のパーティーどうやったら盛り上がるかな?」
などなど、いろーんなお誘いや会話のキッカケが生まれていて、参加できなくっても雰囲気が伝わったり、コメントであれこれ言うことで参加した気分になれたり、時間と場所を越えて活発なコミュニケーションができてるのです。

もちろんどのイベントも強制参加なんてありません。
「誰でもウェルカム。都合が合えばぜひ。基本スルーでどうぞ」のスタンスです。

どんなイベントが生まれてるのかとゆーと。。

■読書会とゆー名目のナベ会
dokusyokainabe


■スウェーデン料理教室
ryourikai


■トレイシーメソッドの会
toreisi


■アントン送別会
anton


■フットサルの会
footsal


■ハロウィンパーティー(もっと写真見たい方はコチラ
halloween2
halloween


■箱根へ小旅行(もっと写真見たい方はコチラ
hakone

hakone2


■奥多摩へ紅葉ドライブ(もっと写真見たい方はコチラ
okutama


■クリスマスパーティー(もっと写真見たい方はコチラ
xmasryouri

xmas


といった感じで、たったここ100日内の中なのに
友達と家族の間みたいなあったかい人間関係に囲まれて
気兼ねしない、遠慮しない、ゆるーいイベントがポコポコ生まれて
一生ものの友達と思い出がたくさん出来ちゃってるんです。

これって普通の住み方だとあまりにあり得ないことなのでイメージわかないかもしれません。
僕もそうでした。
体験して初めてわかっちゃいました。

わからないままだと絶対損してますよ~w
1回試して普通の1人暮らしに戻ってもいいと思うんです。
敷金も礼金もかからないので「試してだめなら戻ればいっか」な気軽さでお試しされるのをすごーくオススメしちゃいます。

僕このライフスタイルのおかげで人生変わりましたから。
胸張ってオススメしちゃいます^^

シェアハウスってなーんか軽くなれちゃうんですよね。
当たり前のようにいる外国人と文化が違って当たり前。
日本人同士だって価値観も習慣も基準もバラバラで当たり前。
職業も生き方もバラバラで当たり前。
まずは「みんなとおんなじ生き方じゃなくてもいいんだ~こんだけいろいろいるし~」って安心感。

共用のトイレやシャワーだって最初は「絶対部屋の中になきゃムリ!」って思ってたけど
今となっては「むしろ外出ししていつもキレイに保っててくれる方が楽チンだしうれしい」になったし、
初期費用かからないから「通勤先変わったらその近くに住めばいいじゃん~」って思えてるし、
これまで「こうじゃなきゃ」「こーゆーもんだ」って思い込んでたことから解放されていく快感とゆーのか、すんごい身軽感なんです。

価値観とか基準はバラバラが当たり前ってわかれば、イラっとくるような行動のすれ違いがあっても、自分の狭い常識で勝手に片付けないで、向き合って、知って、理解して、すり合わせることがいつのまにか習慣になってる。
多少の表面的なすれ違いでイライラすることがそもそもなくなって、「知ればきっと大したことないから話してみよっと」ってすんなり思えちゃう。
これって1人暮らし生活だけじゃなく、仕事でも、恋でも、夫婦関係でも、親子関係でも、すごく大切なことな気がします。

それらが日常の中の目の前を飛び交ってるので「常識って何?」って体に染み付くんです。
同時に、根っこの人間愛さえ共通なら、どんなに表面の葉っぱが違ってたって簡単にハッピーな関係を築けちゃうってことも体で体感できちゃうんです。
「あーなんだー。自分さえ心を開けば、こんなに簡単に幸せな暮らし作れちゃうんだー。これならどんな生き方したって幸せになれちゃうなー。たいていの人とうまくやれちゃうなー」って根拠なき自信がフツフツと沸いてくるんです。
こうなったら人間強いです。たぶん。

ということで、こんなに楽しくて心地よくて勉強になる暮らしをさせてもらえてるのも、お友達になってくださったコンたまの皆さまのおかげです。
いつもありがとう^^
これからもよろしくー♪

【過去のシェアハウス関連記事】
環境から生まれる実現するかしないかの大きな違い
今まで試してみたさりげなく輪に入る方法
シェアハウス生活で学んだ3つのこと
その他シェアハウスカテゴリの記事たち

人気ブログランキング
masahiro_uchino at 01:36│Comments(0)TrackBack(0) シェアハウス生活 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール

内野 匡裕

Twitter
Facebook
ギャラリー
  • 今話題の「ビザと仕事をもらいつつ海外就労体験のできる」WorkASIAをのぞいてきました
  • 今話題の「ビザと仕事をもらいつつ海外就労体験のできる」WorkASIAをのぞいてきました
  • 今話題の「ビザと仕事をもらいつつ海外就労体験のできる」WorkASIAをのぞいてきました
  • 今話題の「ビザと仕事をもらいつつ海外就労体験のできる」WorkASIAをのぞいてきました
  • 今話題の「ビザと仕事をもらいつつ海外就労体験のできる」WorkASIAをのぞいてきました
  • 今話題の「ビザと仕事をもらいつつ海外就労体験のできる」WorkASIAをのぞいてきました
  • 今話題の「ビザと仕事をもらいつつ海外就労体験のできる」WorkASIAをのぞいてきました
  • 今話題の「ビザと仕事をもらいつつ海外就労体験のできる」WorkASIAをのぞいてきました
  • 今話題の「ビザと仕事をもらいつつ海外就労体験のできる」WorkASIAをのぞいてきました
  • 今話題の「ビザと仕事をもらいつつ海外就労体験のできる」WorkASIAをのぞいてきました
  • 今話題の「ビザと仕事をもらいつつ海外就労体験のできる」WorkASIAをのぞいてきました
  • 今話題の「ビザと仕事をもらいつつ海外就労体験のできる」WorkASIAをのぞいてきました
  • 外国人比率50%の国際交流シェアハウス
  • 外国人比率50%の国際交流シェアハウス
  • 外国人比率50%の国際交流シェアハウス
  • 外国人比率50%の国際交流シェアハウス
  • 外国人比率50%の国際交流シェアハウス
  • 外国人比率50%の国際交流シェアハウス
  • 外国人比率50%の国際交流シェアハウス
  • 外国人比率50%の国際交流シェアハウス
  • 【New Intercultural Guest house Open Information】 6 minutes to Shinjuku, Shibuya 50000yen (Meidaimae)
  • 【New Intercultural Guest house Open Information】 6 minutes to Shinjuku, Shibuya 50000yen (Meidaimae)
  • 【New Intercultural Guest house Open Information】 6 minutes to Shinjuku, Shibuya 50000yen (Meidaimae)
  • 【New Intercultural Guest house Open Information】 6 minutes to Shinjuku, Shibuya 50000yen (Meidaimae)