2013年05月

2013年05月28日

コンセプト型シェアハウスは毎回新規事業

コンセプト型シェアハウスは毎回新規事業です。

ターゲットも全然違うし、提供するサービス内容も違うし、集客方法も違うし、新しい価値なのでみんなが知らないところからのスタートだし、前例もないし。

そんな中で任せてくださったオーナー様やパートナー企業様に心底感謝して、想定した価値が実現するまでやり通すことが僕たちの使命です。

入居してゴールじゃありません。
心地よいコミュニティになって、良い体験が飛び交うようになって、入居した時に期待していたことが満たされて、心からありがとうって言ってもらえてゴールです。

最初からドンピシャでうまくいくことなんてありません。
その時その時入居者の方々と対話して求めることを受け止めて、想定違いがないかを察知して、時には一歩引いて全体を見る視野で全体にとってよいことを考えて、短期的だけでなく長期的にもよりよいことを考えて、調整し続けることが必須です。

そこを最後まで情熱を持ってやりきるのは本当に大変なことです。
このビジネスを数字だけで見るときっとやりたがらない企業が大半だと思います。
でも僕たちはやりたいんです。
ここで実現できたものが本当にみんなの夢を叶えるものであれば、きっともっと需要が広がります。
マネしてくれる企業も増えて、社会が変わっていきます。
僕たちが仕事を通して実現したいのはそこなのです。

僕たちのオンリーワンの価値は何だろうと思った時に
企画力なんかじゃなくって、「実現するまで情熱を持ってやり通すこと」って言いたいです。

ということで、既存のシェアハウスもやりたいことは盛りだくさんなのです。
僕たちは今がゴールだなんて思ってません。
まだまだこれからですから、楽しみにしていてくださいね^^

masahiro_uchino at 11:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)新規ビジネスアイデア | シェアハウス生活

チャンスは誰の目の前にもある

人を疑うことも、リスクを懸念して踏み出さないでおくことも、自分を守るためには重要なことと思います。

ただ行過ぎると新しい楽しみのチャンスをつぶしてしまうことになる。
自分で見える範囲でしか生きられなくなってしまう。

「どうせダメでも死なないから」くらいのスタンスでとりあえず体当たりしてみて、よく知ってみて、それから引いても遅くないのかもしれない。

過去の大きな局面で踏み出せなかったことをふと思い出したのですが、あの頃は自分にゆとりもなくて、もしこれがダメで踏み外したら上がってこれない、とか人生おしまいだとか思ってやめてしまったのだけど、今思うとどう転んでも着実にプラスの経験を積んでるし、その経験を元にもっとよい道を探せるので何のリスクもなかったのになーって思う。
視野が狭かったことでチャンスをつかむことができなかったのだと思う。

「チャンスは誰の目の前にも転がっている。つかむかつかまないかだ。」
って言葉は本当にその通りだと思う。
きちんとつかめる自分であるために、視野を広げておきたいです。

masahiro_uchino at 09:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)つぶやき 

2013年05月27日

請求の時期はとても大切な振り返りの時間

僕はたくさんのパートナーの方々と一緒にお仕事をさせてもらってます。

1人でできることなんて本当にちっぽけで、たくさんの方々と得意技を持ち寄って、併せ技でミラクルな作品を作り上げることを基本スタイルとしてます。

普段は目の前の仕事が目まぐるしく駆け抜けていって、なかなか落ち着いて立ち止まって考えられていないのですが、月末のこの時期は請求処理をしながら「そうそう。今月はこの人とこんなことをやったよね。楽しかったなー」って振り返る大事な時間です。

僕たちはお金の交換のためだけに仕事をしてるわけではない。
そう断って始めたわけじゃないけど、不思議とそんな価値観では一本つながってたりします。

「このメンバーとこのタイミングでこの仕事を楽しめたことに大きな価値があった。」
「この人とじゃなきゃこんな楽しみ方できなかった。」
そう思わせて頂くことが本当に多いのはとても幸せなことだと思います。

1つ1つ処理しながら振り返ってると
「もっとよい経験につながるやり方はなかったかな」
「これを実績としてPRしてもっとこの人の本来やりたい仕事を引っ張ってこれないかな」
いろんな反省ややるべきことが降ってきます。

僕には身を削るほどのことじゃないけど、誰かにはすごく助かることだってあるはず。
そういったものをきちんと提供することが僕の価値なはず。

ほんと自分まだまだです。。
ちゃんと恩返しするので、もうちょっとお待ちくださいませ^^

masahiro_uchino at 11:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)新規ビジネスアイデア 

2013年05月26日

0と100の間の心地よさ

誕生日という機会を通して、こんなにもたくさんの方々とゆるくつながっていられているのかと、改めてFacebookのすごさを実感させてもらいました

疎遠になるのか、マメに会うのか、昔は0か100かだったかもしれない
でも今は「言葉を交わすわけでもないけどなんとなく近況をわかってる」といった0と100の間の関係維持ができている

本当にこの時代に生まれてきてよかったです^^

世の中にはもっともっといろんな分野で0と100の間の心地よい価値が埋まってる気がしてなりません

シェアハウスだって実はそこを満たす要素だと思ってたりします

世の中の人全員が好きになるわけなんてない
でも今まではその間ってのはなんにもなかったわけなので、一部のファンが振り向いてくれるだけでも結構なボリュームになる

この時代だからこそ、今の社会だからこそ、今の技術だからこそ、成り立つようになる「間」がたくさんある気がします^^

masahiro_uchino at 07:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)シェアハウス生活 | 新規ビジネスアイデア

34歳になりました

みなさま、たくさんの誕生日メッセージをいただき、本当に胸がいっぱいです><
本当に本当に有難うございます!

くしくも今日は7件目の運営シェアハウスの横浜PLAYFULのOPEN日でした。

OPEN当日から住みたいという方が5人もいてくださって、ここしばらくは絶対間に合わせるって思いで、ほとんど寝ずに取り組んでいたのですが、今日のWelcomeパーティーで最初の入居者さんの笑顔が見れてほんと苦労が吹っ飛ぶってこーゆーことかとじーんとさせて頂きました><
しかもサプライズで誕生日を祝ってもらって本当に感謝感激です。
28


昨夜も疲れ果ててCROSSWORLDに帰ってきて、まったく予想してなかったところで、みんなにサプライズで祝ってもらって、なんて自分は幸せな環境にいさせてもらっているのだろうって感激でした><
947212_10200860667654896_363288094_n

182932_10200860671414990_823849786_n

僕は本当に幸せ者です。
みんなのおかげです。
いつも本当にありがとう。出会ってくれてありがとう。

まだまだ至らないことだらけですが、「これできたらすごくない?ワクワクじゃない?」ってことをとことん自分を実験台にして試してみて、いいこともよくないこともありのままをお届けして、望んでくれる方にはそんな体験をしてもらえるお手伝いをすることが、僕にできる一番の恩返しだと思ってます。

ということで、これからもどんどん「さらけ出し過ぎなライフスタイル」も「プライベートと仕事をまったく分けないワークスタイル」も「コンセプトのある住まい環境がどんな相乗効果をくれるのか、どんな感動を生み出せるのか」もひたすら実験していきますので、どうかあたたかくお見守りくださいませ^^

masahiro_uchino at 07:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)シェアハウス生活 

2013年05月20日

シェアハウスはいろいろなものさしを集められる場所

今は毎日が結構幸せです。

日々小さなチャレンジを楽しめていて、何かしら小さな発見があって、ありがとうって言ってくれる人がいて。

能力が高い方じゃないけど、たくさんの人を尊敬できていいです。

お金もたくさんあるわけじゃないけど、ちゃんと楽しく生きれてるのでこのままでいいです。

髪もないけど笑ってもらえていいです。

数年前は、世の中で「これがなきゃね」って言われてるものをみんな集めないと幸せになれないって思い込んでたかもしれません。

「まだ持ってない」って思ってて、頑張り続けなきゃダメってプレッシャーを自分で作ってました。

シェアハウスでたくさんのそうじゃないのに幸せそうに生きてる人と出会えて、1つずつ開放されて、その都度軽くなれていったような気がします。
生活のありのままを見れる距離だったから信じることができたのかも。

僕たちはすでにみんな「持っている」

なのに幸せじゃないって思い込んでるのはもったいない気がします。

たしかに基準は人それぞれ。

自分にとってのものさしがきっとあるはず。

シェアハウスではいろんなものさしに出会える。

たくさん知って、その中から自分に合ったものを選べばいい。

といったところで、シェアハウスみたいにたくさんの人の深いトコロに触れられる環境をもっともっと増やしていきたいって思ってます^^

masahiro_uchino at 04:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)シェアハウス生活 

2013年05月08日

シェアハウスで変化した僕の仕事観

仕事は自分の時間と会社のお金の交換でしかない。
と思ってた頃は正直仕事も人生も楽しめてなかった。

この体験で得られる発見。
新しく身につくスキル。
メンバーと成し遂げる感動。
それによって生まれる友情。
クライアントからの心からの「ありがとう」。
次のもっと面白い仕事につながるチャンス。

これらの方がよっぽど自分の人生の「今」を色鮮やかにしてくれる大事なものだと思うようになってから、取り組む姿勢がまったく変わった。

とにかく「今」が楽しくなった。

自然とすごく喜んでもらえる仕事ができるようになったり、同じクライアントからもっと大きな仕事を任せてもらえたり、大事なクライアントを紹介してもらえるようになってきた。

よく「結果は後からついてくる」って本で読んでたけど、あの頃はそれがどういうことなのか理解できてなかった。

そんなきっかけもやはり身の回りの人が背中で見せてくれたのがきっかけだった。

人は人との出会いで人生が変わる。

どんな人と出会えるか環境や自分の姿勢によって変わる。

あの頃の自分には自分をどう変えるべきか見えなかった。
でも変わりたいと思った。
なので意識して環境を変えてみた。
シェアハウスって環境に可能性を感じて飛び込んだのもその1つ。

成功もあったし失敗もあったかもしれない。
でもどちらも貴重な経験になった。

環境も仕事も、その時得たいものを意識して、自分で組み立てる楽しさを体感してほしい。
望みさえすればそれができる環境を社会に広めたい。

そのためにいろいろな想いを叶えるシェアハウスをつくりたい。
新しいワークスタイルが実現できることを自分たちで実行していきたい。
と思ってたりします^^

masahiro_uchino at 15:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)シェアハウス生活 

シェアハウスからもらった自分の人生の変化をまとめてみました

僕が自分で事業をやろうと思えたのはシェアハウスでたまたま出会ったフリーランスしてる人たちの背中をリアルに見れたから。

もう10軒も渡り住んでるけど、いろんな職業、国籍、価値観の人たちと出会えて、自分がそれまで気にしてたことが大したことないってことに気づかせてもらって、すごく生きることが軽くなったり、人生の可能性は無限大なんだって心から思えるようになった。

そんな友達たちとは住まいが変わっても変わらずFacebookではつながってて、「今はこーゆーとこに住んで、こーゆーことしてるんだ。頑張ってるなー」って把握できていて、たまに同窓会とかなったら結構みんな集まってあの頃が昨日のことみたいにすぐに戻ることができて、深く知ってる仲だけに、転職とか結婚とか出産とかの各自の変化が感慨深かったり。

そんなよくわかりあえた友達たちだからこそ今では何人も一緒に仕事をすることができていて、心から安心してお任せできているし、何かあれば相談させてもらうメンターになって頂いてたりする。

シェアハウスは単なるその場を楽しむためのツールというだけじゃない側面がある。
僕はその後の人生が明らかに変わった。
自分にとって何が必要で何は捨ててもいいのかにハッキリ気づくキッカケになって、その後のライフスタイルの組み立て方が180度変わったし、そこから生まれ続けている友達との関係は増えたり、深まったり、僕の人生をどんどん色濃くしてくれている。

僕も住んでみるまでは、体験するまでは、そのミラクルさに気づくことはできなかった。
むしろ人との接点はわずらわしい印象もあった。
体験してみて、そこに余りありすぎる豊かさが加わることに驚いたし、感動した。
日本にもっとこんな環境があるべきだと思ったし、もっと社会に受け入れられる形に整えて出していかないとと思った。
その形がデザイナーズであったり、コンセプト型であったり、今後もどんどん進化というかもっといろいろな形があり得ると思っている。

ということで、今まで試したことのない方は一度だけ試してもらいたい。

初期費用もほとんどかからないので、合わなければ移ればいいし、戻ってもいい。

きっと今までと明らかに違う何かと出会えるはず^^


masahiro_uchino at 12:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)シェアハウス生活 

2013年05月07日

団地を舞台に事業者と居住者みんなが感動できる仕組みをつくる

7000人規模の団地の活性化プランを正式提案することとなりました。

居住者同士もあまりつながりがない、団地内商店街の事業者ともそれほど絆はなく、店は減る一方。
といった状況を変えて良い循環をつくるプロジェクトです。

★地域活性化に協力する意識のある店舗事業者
★半年間家賃無料などの誘致制度
★7000人規模に告知できる団地としての集客支援
★事業者同士の助け合いネットワーク
★事業者と居住者の絆をつくり常連化していくキッカケ
★団地外からも人が来たくなるコンテンツづくり
をつなぎ合わせて長期的に良い循環が生まれる仕組みづくりが必要です。

そんな形で店舗経営していくことに関心のある方
他で店舗を出す予定でより魅力的な商圏を探している方
はお声がけ頂けませんでしょうか?

またはそのようなお友達にこの取り組みをお知らせ頂けませんでしょうか?
外部の事業者でもコラボできるチャンスがたくさん出てくる予定です。

masahiro_uchino at 17:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)新規ビジネスアイデア 

2013年05月04日

コンセプト型シェアハウスの成功を握るのは集客と運営ノウハウ

コンセプト型シェアハウスは集客がとても重要です。

コンセプト型シェアハウスは万人ウケではない分どうしてもターゲットがニッチになってしまいます。

彩ファクトリーはリフォーム工事が完成する前から、いち早く告知して、ニッチなターゲットに的確に知ってもらうノウハウを駆使しています。
問い合わせの反応を見ながらWebサイトやアナウンスの表現を調整することで、ニッチなターゲットであっても早期に満室になるように動いていきます。
(過去には50部屋の規模でオープニング時96%申し込み済みを実現した事例あり)

話題性のある新しいコンセプト=新規事業ですので、前例のない中でいかに試行錯誤を繰り返し、成功パターンを作り上げていけるかが成否の分かれ道と考えています。

特に僕たちが提供したいのは目に見えない『体験』。

実現後は写真や動画でまだ未体験の方に理解してもらえるように表現できますが、オープニング時などそれらが生まれる前にはイメージしやすい表現方法を編み出すしかありません。

これを考える作業がまた楽しくてたまらないクリエイティブな時間です。

ちなみに英会話上達シェアハウスCROSS WORLDで初めて導入したプロモーションビデオです。
入居前の気持ちや入居後にもらえる体験、人生の変化をイメージしやすいように俳優さんに演じてもらいました。


これからも今までになかった手法をどんどん編み出していきたいです(о´∀`о)

そして、本当に重要なのは『運営』です。

入居後に期待していた人生の変化を体感できるようにファシリテーションしていきます。
ここがしっかり実現されていれば、自然と口コミになり、集客コストを全てカットしても満室続きのシェアハウスとなります。

お客様が他では得られないプライスレスな体験をできた時「本当にここに住めてよかった」と言ってもらえます。
それが私たちが最高にうれしい瞬間です^^

masahiro_uchino at 15:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)シェアハウス生活 | 新規ビジネスアイデア

2013年05月01日

英会話上達シェアハウス『CROSS WORLD大森』で英語のプレゼンにチャレンジしてみました

「英会話上達シェアハウスを運営するからにはもう逃げられない」と、初級者の僕が必死に暮らしているCROSS WORLD大森

毎週のマネージャーmtgもたどたどしい英語で頑張ってます。

そんな僕が初めてチャレンジした英語のプレゼンです。(右下のボタンで拡大)

たぶん間違いだらけです。
でもパッションだけは伝えたい思いで作りました。

たったこれだけだけどちょっとした進歩がすごくうれしい。

1年後の自分は全然違う自分になれる。
そう信じて生きていきたい。
自分でどう変身しながら生きていくか考えて、決めて、攻めて生きていきたい。

そのためのきっかけをプレゼントできるのがCROSS WORLDって環境であってほしいです。

masahiro_uchino at 08:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)シェアハウス生活 

僕たちのシェアハウスが提供したいのは『体験』

みんなと食べるごはんのおいしさ
信頼してもらえるうれしさ
まんまの自分でもありがとうって言ってもらえる誇らしさ
本気で挑戦した時の爽快感

同じ結果でも、過程によって得られるものが違うことを教えてもらいました

同じコトでも、どう捉えるか次第で見えるもの、感じるものが違うことを教えてもらいました

シェアハウスでいろんな職業、価値観、ポリシーの人たちの生き様に触れさせてもらって、心と体で気づかせてもらいました

みたいなところでシェアハウスっていう人と人のちょうどよい距離の環境に心から感謝しています

そんな環境をもっともっと増やしていきたいと思ってます

masahiro_uchino at 08:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)シェアハウス生活 
プロフィール
Twitter
Facebook
ギャラリー
  • 今話題の「ビザと仕事をもらいつつ海外就労体験のできる」WorkASIAをのぞいてきました
  • 今話題の「ビザと仕事をもらいつつ海外就労体験のできる」WorkASIAをのぞいてきました
  • 今話題の「ビザと仕事をもらいつつ海外就労体験のできる」WorkASIAをのぞいてきました
  • 今話題の「ビザと仕事をもらいつつ海外就労体験のできる」WorkASIAをのぞいてきました
  • 今話題の「ビザと仕事をもらいつつ海外就労体験のできる」WorkASIAをのぞいてきました
  • 今話題の「ビザと仕事をもらいつつ海外就労体験のできる」WorkASIAをのぞいてきました
  • 今話題の「ビザと仕事をもらいつつ海外就労体験のできる」WorkASIAをのぞいてきました
  • 今話題の「ビザと仕事をもらいつつ海外就労体験のできる」WorkASIAをのぞいてきました
  • 今話題の「ビザと仕事をもらいつつ海外就労体験のできる」WorkASIAをのぞいてきました
  • 今話題の「ビザと仕事をもらいつつ海外就労体験のできる」WorkASIAをのぞいてきました
  • 今話題の「ビザと仕事をもらいつつ海外就労体験のできる」WorkASIAをのぞいてきました
  • 今話題の「ビザと仕事をもらいつつ海外就労体験のできる」WorkASIAをのぞいてきました
  • 外国人比率50%の国際交流シェアハウス
  • 外国人比率50%の国際交流シェアハウス
  • 外国人比率50%の国際交流シェアハウス
  • 外国人比率50%の国際交流シェアハウス
  • 外国人比率50%の国際交流シェアハウス
  • 外国人比率50%の国際交流シェアハウス
  • 外国人比率50%の国際交流シェアハウス
  • 外国人比率50%の国際交流シェアハウス
  • 【New Intercultural Guest house Open Information】 6 minutes to Shinjuku, Shibuya 50000yen (Meidaimae)
  • 【New Intercultural Guest house Open Information】 6 minutes to Shinjuku, Shibuya 50000yen (Meidaimae)
  • 【New Intercultural Guest house Open Information】 6 minutes to Shinjuku, Shibuya 50000yen (Meidaimae)
  • 【New Intercultural Guest house Open Information】 6 minutes to Shinjuku, Shibuya 50000yen (Meidaimae)