2009年10月

2009年10月12日

10月に絶対すること

すっかり秋めいてきましたね^^

9月は結果にこだわって、最後の最後に達成することができ、
ひとしおの感動を味わうことができました。

数字を作ったこともそうなのですが、
お客様の期待に応えきれたこと、信頼を得られたことが
本当にうれしかったです^^

もちろん僕だけの力ではなく、一緒に取り組んでくれた
メンバーのレベルの高さのお陰です。
「大変だけどここまでやった方が喜ぶだろう」
を実行しきれる「心意気レベル」の高さに
心から「尊敬」や「感謝」や「情熱」を
感じさせてもらいました。

こんな感動を味わえるプロジェクトに携わることができて
本当に感謝感激です。

一方で、
ここ数年の自分を棚卸して、
自分の立ち位置を再認識して、
環境を変えようと動いてみて、
自分の本当の弱い部分を目の当たりにして、
最初に改善すべきことがハッキリして、
次にすべきこともハッキリさせることができました。

まずは、そこまでを全力でやり遂げて、
そこから次の計画を練り直したいと思います^^


では9月の反省から。

・連休中に立ち上げたサイトを軌道に乗せる。
 Adsenseは想定以上に収益化できました。
 初めてモバイルAdsenseを試していますが、
 PCよりもクリック率が高いです。
 Adwordsも試行錯誤で色々見えてきて面白いです。

・会社の仕事に集中
 上のプロジェクトのことだったのですが、できることを
 全てやりきって結果を出せました。
 本当に周囲の全てのことに感謝です。



では10月に絶対にすること。

・育て中のサイトで「いかに顧客の本音を知るか」
 を意識して機能拡張する。

・アンケートシステムLimesurveyを使いこなす

・EC-cube+クレジットカード決済の連携部分を
 構築する
 (後払い系も含めて、決済周辺をマスターする)

・Flashの表現力がどこまでかを把握し、
 表現力の必要なサイトで使いこなせるようにする


今年も残り3ヶ月。
今まで種から育ててきたことがようやく芽を出しています。
残り3ヶ月で何としても収穫までこだわりたいと思います。

そこまでやり遂げれば、
きっと全く違った道が見えてくる気がします。

なので、そこまではうだうだ考えず、
やるべきことをやりきることに集中します!

masahiro_uchino at 12:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)目標設定と反省 

2009年10月11日

Limesurveyを使ってアンケートシステムを構築しました

手軽にアンケートシステムを作れないかなと調べたところ、
Limesurveyというオープンソースが見つかったので、
早速構築してみました。

日本語マニュアルを読みながらインストール。
他のオープンソースと同じく、特に難しいことはなかったです。

早速、管理画面からアンケートを作ってみましたが、
設問形式は複数選択や自由入力など多彩な設定ができますし、
複数の設問をグループ化して扱うこともできますし、
ユーザー認識機能により、下書き保存や、回答の催促、
回答回数を1人1回に制限、などもできますし、
回答結果をグラフ化してレポート出力することもできます。

今回調べたアンケートシステムの中でも一番多機能で、
やりたいことはひと通り標準のままで実現できそうです。

ただ、1点だけ引っかかってしまったのでメモしておきます。

標準では回答結果をグラフ化した時に凡例の日本語が
文字化けしてしまいます。

これを解決する手順は以下となります。

【Limesurveyのグラフを日本語対応させる方法】
1.日本語フォントを配置する
  IPA(独立行政法人情報処理推進機構)が提供している
  IPAフォントをコチラからダウンロードし、
  ttfファイルをLimesurveyインストールディレクトリ/
  classes/pchart/fontsに配置します。

2.Limesurvey内のグラフ化コードを日本語フォントを
  使用するように編集する
  Limesurveyインストールディレクトリ/admin/statistics.php
  を開き、「tahoma」を「ipag」に一括置換します。
  (ipagはゴシックです。明朝の場合は「ipam」)


上記で紹介した日本語マニュアルでは、
グラフ化機能としてJpgraphについて触れられているのですが、
実は最新バージョンではpchartを使っているのです。

マニュアルの通りにjpgraphをインストールして、
設定ファイルを編集して(usejpgraphとか)
日本語フォントをそちらに設定して、
それでもダメなので中のコードを読み進めていったら
jpgraphではなくpchartが使われていて、
pchartについて調べて日本語化を試行錯誤して、
と気がつけば半日経ってしまってましたT_T

ググっても「Limesurvey+jpgraph」の情報しか出てこないので、
pchartに切り替えたのは最近なのかもですね。

ということで、まとめると
・Limesurveyはpchartを標準搭載し、jpgraphは使っていない
・pchartはLimesurveyに含まれており、インストール不要
・日本語を使うためには上記の作業が必要
ということになります。
(インストール手順の中のjpgraphに関する記述は全て不要です)

jpgraphよりもpchartの方がグラフの見た目はかなりいいですね^^


アンケートって最近自分の中ですごく重要な存在になっていて、
物事の質を高めるには、お客様側の本音をいかに引き出せるか、
が成否を握る重要なポイントだと思います。

お客様の本音を知らずして、思い込みで「こう改善したら
うれしいだろう」と実行しても、見当違いの投資と
なってしまいます。

できる限りお客様にとってストレスにならない見せ方で、
TPOをうまく演出して、アンケートをすべり込ませられないかを
しばらく研究してみようと思います^^


masahiro_uchino at 01:11|PermalinkComments(4)TrackBack(0)便利なサービス・ツール | 新規ビジネスアイデア
プロフィール
Twitter
Facebook
ギャラリー
  • 今話題の「ビザと仕事をもらいつつ海外就労体験のできる」WorkASIAをのぞいてきました
  • 今話題の「ビザと仕事をもらいつつ海外就労体験のできる」WorkASIAをのぞいてきました
  • 今話題の「ビザと仕事をもらいつつ海外就労体験のできる」WorkASIAをのぞいてきました
  • 今話題の「ビザと仕事をもらいつつ海外就労体験のできる」WorkASIAをのぞいてきました
  • 今話題の「ビザと仕事をもらいつつ海外就労体験のできる」WorkASIAをのぞいてきました
  • 今話題の「ビザと仕事をもらいつつ海外就労体験のできる」WorkASIAをのぞいてきました
  • 今話題の「ビザと仕事をもらいつつ海外就労体験のできる」WorkASIAをのぞいてきました
  • 今話題の「ビザと仕事をもらいつつ海外就労体験のできる」WorkASIAをのぞいてきました
  • 今話題の「ビザと仕事をもらいつつ海外就労体験のできる」WorkASIAをのぞいてきました
  • 今話題の「ビザと仕事をもらいつつ海外就労体験のできる」WorkASIAをのぞいてきました
  • 今話題の「ビザと仕事をもらいつつ海外就労体験のできる」WorkASIAをのぞいてきました
  • 今話題の「ビザと仕事をもらいつつ海外就労体験のできる」WorkASIAをのぞいてきました
  • 外国人比率50%の国際交流シェアハウス
  • 外国人比率50%の国際交流シェアハウス
  • 外国人比率50%の国際交流シェアハウス
  • 外国人比率50%の国際交流シェアハウス
  • 外国人比率50%の国際交流シェアハウス
  • 外国人比率50%の国際交流シェアハウス
  • 外国人比率50%の国際交流シェアハウス
  • 外国人比率50%の国際交流シェアハウス
  • 【New Intercultural Guest house Open Information】 6 minutes to Shinjuku, Shibuya 50000yen (Meidaimae)
  • 【New Intercultural Guest house Open Information】 6 minutes to Shinjuku, Shibuya 50000yen (Meidaimae)
  • 【New Intercultural Guest house Open Information】 6 minutes to Shinjuku, Shibuya 50000yen (Meidaimae)
  • 【New Intercultural Guest house Open Information】 6 minutes to Shinjuku, Shibuya 50000yen (Meidaimae)