2008年09月

2008年09月26日

「ありがとう」とモチベーション

先日、イントラnewsingのカスタマイズ開発がまた1つ完了しました。


この案件は、状況的に非常に厳しい期間での納品が必要だったため、
徹夜で開発を進めてギリギリで完成させることができました。


お客様に「無茶な条件をクリアしてくださって本当に有難うございました。」
という声を頂いて「僕はこれがあるから頑張れるんだなあ」としみじみ実感しました。




「仕事」はたしかに「生きるための糧を得る手段」かもしれません。
しかし、それは一面でしかありません。


「自分が日々暮らしている世界との接点」でもあり、
「人生の大きな割合の時間を注ぎ込んでいる活動」であり、
「人生をより豊かなものにするチャンスが多く得られるイベント」でもあります。


自分がこういった側面で「仕事」を捉えるようになったキッカケって
自分の仕事で喜んでくれる人の笑顔だったなあと思い出し、
改めてこの「お客様の笑顔に触れられる機会が多いか少ないか」の重要性を実感しました。


このような機会を様々な働く人に届けたいのです。



一般的に大企業の場合、直接業務でお客様に接するミッションでない社員は
こういった機会を得難い現状があります。


自分の頑張りが最終的に何につながっているかがモヤモヤなために
モチベーションを落とし、必要最低限の業務だけを実行して
「仕事=契約でしかない」と割り切り始める社員も生まれやすい気がします。


しかし、これというのは情報の流れる仕組み次第で解決できることなのです。
「顧客からの声がバックエンドの社員にまで伝わる」
「別部署の社員がどんな仕事で成果を上げたのかが伝わる」
「ある社員の実行した素晴らしい行動が他社員に伝わる」
こんな仕組みが日常的に敷いてあるかどうかで会社は一変します。


「どうせ同じ時間を使って活動しているのなら、もっとこの感動を味わいたい」という社員が増え、
「頑張っても報われない、割に合わない」と考える社員も生まれにくくなります。



「入社当時はやる気に溢れていた社員たちがなぜ大企業病になっていくのか」
というご相談をよく頂きますが、
上記のような仕組みこそが根本的な解決につながるのではないでしょうか。







masahiro_uchino at 11:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)プロダクトマネジメント | 社内SNS

2008年09月24日

サーフィン講習会に参加してきました

昨日は、川口師匠によるサーフィン講習会に行ってきました。


前回の第1回講習会は6人参加でワイワイだったのですが、
今回は急遽開催したのでなんとマンツーマンレッスン!
なんてぜいたくなのでしょう。


辻堂に朝7時半に集合して湘南方面に車で移動。
天気も晴れて眺めてるだけでもすんごい気持ちいい感じです^^
080217_122700.jpg
※写真撮り忘れたのでイメージ画像ですw


付近のサーフショップで3000円で板をレンタルして早速レッスン開始!
波はすごく高いとか数が多いとかではなかったのですが、
すごく練習しやすくて、立つ時の姿勢とか確認しながらできたのがすごく良かったです。


師匠が隣で見ててくれて、
「乗る時はもっと前に重心かけていいよ」とか
「立った後に後ろよりになってるのでスピードが落ちてるんだよ」とか
自分ではなかなか気付かないことを教えてくれてすごく勉強になりました。


逆に師匠が乗るところを間近で見ることで自分との違いに気づいたり。
お陰様で、ついに「最初から斜めに乗り始める」ことが何回かできました!
b0014231_12591575.jpg
※写真撮り忘れたのであくまでイメージ画像ですw


1.真っ直ぐに乗って立てる
2.真っ直ぐに乗って緩やかに曲がっていく
3.最初から斜めに乗り始める
4.クネクネする
ってステップがある内、
ずっと2で停滞して悩んでいたのでほんと感動でした^^



レッスン終了後、なんと川口邸に招待して頂き、ランチをご馳走になってしまいました。
しかも、どれもこれもオシャレな逸品ばかりで、どれもこれもマイウー!
奥様、本当に有難うございました!!


カワイイお子様達はめちゃくちゃ元気で
一緒にUNOやったり、ポケモンの勝負の仕方を熱く教えてくれたり、
ミニ野球対決したりしてもてなしてくれました^^


「こんな幸せな生活いいなー。結婚したいー。」
と強く思って帰って参りました。


師匠ほんとに有難うございました!
第3回はぜひ来週あたり。。w







masahiro_uchino at 08:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)休日 

2008年09月09日

カーシェアシステム「プチレンタ」を使ってみました

おなじみのソーシャルアパートメントに住んでいる僕ですが、
車は所有をやめてカーシェアシステム「プチレンタ」に切り替えています。

保険とか車検とかガソリン代とかいろいろを全部ならすと月々5万円以上かかっていたんですよね。
ガソリン代高騰もあり、浅草は駐車場代がすんごく高いってことで迷いなく踏み切りました。

プランはいろいろあるのだけど、僕は月々1000円を払って、
後は乗った分だけ、15分毎に260円と1km毎に14円を支払うプランにしました。

だいたいが「住人のみんなと海とか山に行く」とかって用途が多いので
「8時間-24時間を6980円定額」ってデイリーパックをよく使います。
これでガソリン代コミなのはかなり驚きです。


では、使ってみてどんな感じだったかをレポートしてみようと思います。


1.携帯で予約します。
  携帯で予約状況を確認して、予約します。
  うん、すごく簡単。
  ちょくちょく使う人には予約の簡単さって重要ですね。

2.車が配置されている拠点に向かいます。
  予約時間になると車が使用可能状態になります。
  ウチの場合は物件の駐車場に拠点があるのですごく楽ちんです。
  ちなみにこのシステムはオリックスレンタカーのシステムですので、
  全国の拠点に配置されている車を使うことができます。
  旅行先の京都でちょっと乗りたいってことも可能なのはうれしいところ。

3.車に乗り込みます。
  こんな風にセンサーに会員カードをかざすことで本人認証がされて車のドアが開きます。

080906_2206~0001.jpg
  

4.サイドボードからカギを取りだします。
  サイドボードの中にカギが保管されてます。

080906_2204~0001.jpg


5.運転開始!
  楽しいドライブ開始♪
  ナビもついてるので快適です。

080906_2119~0001.jpg


6.配置されていた拠点に戻って駐車します。
  カギをサイドボードに戻して、ドアを閉めて、センサーにカードをかざして返却手続き完了です。

といった流れで車を使うことができます。
「わざわざレンタカーの店舗まで行かないとけない」とかがないってすごくうれしいですね。

人を全く介さないのが逆に「うまく使えなかったら爆発するかもw」
みたいな怖さがちょっとありましたが、慣れるとすごく楽ちんそうです。

ガソリンは基本入れる必要がないのですが、
なくなった場合は、備え付けのカードを使って無料で入れることができます。
使用料金に含まれてるようですね。



僕は個人向けプランで使ってますが、
社用車をやめて、このサービスで必要な時だけ使うように切り換えてる企業が増えているそうです。

この「所有」から「必要なだけ使う」への転換は、最近いろいろなところで見受けられますね。
それで得ってことは「使わないでムダな部分があるから」であり、それは「もったいない」ですもんね。

もったいないものはどんどん削った方が、利用者もうれしいしエコですよね^^


そんなインフラを提供するのはすごい社会貢献だなあと思って
ちょっと応援の気持ちも込めて紹介してみました。


「都内でもサクっと車を使ったライフスタイルを設計できる」


世の中がどんどん変わり、こんなのあったらいいねが実現されていき、
毎日をワクワクにできる可能性がいろいろなところで生まれています。


いろんな新しい選択肢を取り入れて、一度しかない人生の感激設計を楽しんでいきたいですね^^

GROWING FLAT 20インチ 折りたたみ自転車 ワインレッド

GROWING FLAT …

¥18,900(税込)

暑い中歩くとき、車でおでかけした先でちょっと周りを見たいとき、こんなときに自転車があれば!って思うこと、よくあ…

GROWING FLAT 20インチ 折りたたみ自転車 ワインレッドGROWING FLAT 20インチ 折りたたみ自転車 ワインレッドをカートに入れる


masahiro_uchino at 08:04|PermalinkComments(2)TrackBack(0)休日 | シェアハウス生活
プロフィール
Twitter
Facebook
ギャラリー
  • 今話題の「ビザと仕事をもらいつつ海外就労体験のできる」WorkASIAをのぞいてきました
  • 今話題の「ビザと仕事をもらいつつ海外就労体験のできる」WorkASIAをのぞいてきました
  • 今話題の「ビザと仕事をもらいつつ海外就労体験のできる」WorkASIAをのぞいてきました
  • 今話題の「ビザと仕事をもらいつつ海外就労体験のできる」WorkASIAをのぞいてきました
  • 今話題の「ビザと仕事をもらいつつ海外就労体験のできる」WorkASIAをのぞいてきました
  • 今話題の「ビザと仕事をもらいつつ海外就労体験のできる」WorkASIAをのぞいてきました
  • 今話題の「ビザと仕事をもらいつつ海外就労体験のできる」WorkASIAをのぞいてきました
  • 今話題の「ビザと仕事をもらいつつ海外就労体験のできる」WorkASIAをのぞいてきました
  • 今話題の「ビザと仕事をもらいつつ海外就労体験のできる」WorkASIAをのぞいてきました
  • 今話題の「ビザと仕事をもらいつつ海外就労体験のできる」WorkASIAをのぞいてきました
  • 今話題の「ビザと仕事をもらいつつ海外就労体験のできる」WorkASIAをのぞいてきました
  • 今話題の「ビザと仕事をもらいつつ海外就労体験のできる」WorkASIAをのぞいてきました
  • 外国人比率50%の国際交流シェアハウス
  • 外国人比率50%の国際交流シェアハウス
  • 外国人比率50%の国際交流シェアハウス
  • 外国人比率50%の国際交流シェアハウス
  • 外国人比率50%の国際交流シェアハウス
  • 外国人比率50%の国際交流シェアハウス
  • 外国人比率50%の国際交流シェアハウス
  • 外国人比率50%の国際交流シェアハウス
  • 【New Intercultural Guest house Open Information】 6 minutes to Shinjuku, Shibuya 50000yen (Meidaimae)
  • 【New Intercultural Guest house Open Information】 6 minutes to Shinjuku, Shibuya 50000yen (Meidaimae)
  • 【New Intercultural Guest house Open Information】 6 minutes to Shinjuku, Shibuya 50000yen (Meidaimae)
  • 【New Intercultural Guest house Open Information】 6 minutes to Shinjuku, Shibuya 50000yen (Meidaimae)